東大生の共通点から見る!頭が良くなる方法

しつけの仕方で頭の良い子に育てる!!

【頭のいい子に育てる・基礎編⑮】柔軟性をみにつける!

答えはひとつしかない

頭のいい子は、柔軟な考え方を身に着けた子供です。
一つの考えにとらわれず、柔軟な考え方のできる子供です。

人は、どうしても答えはひとつしかない。
と思い込み、自分を窮地に追い込んでしまいがちですが、
柔軟な頭を持っていると、色々な可能性を導き、
その中で、一番良い手段を選ぶことが出来ます。
答えは、ひとつではなく、無数に存在するからです。

無数の回答を見つけること。
その中で、一番ベストな回答を見出せるようになる事。

そのためには、幅広い知識を身に着ける事が、
必要となります。
そしてそのためには、やはり勉強させなければなりません。

ただ、勉強して知識を増やすだけでなく、
「考えて知識を使う」思考力も必要となります。

親子で、ニュースを見たり、「ウルトラセブン」のような物語を見た後、
平和について、語り合う。
その時、もっと他の発想はないかと、常に、他の選択や考え方はないのか
話し合う癖を付けたいものです。

レゴで、怪獣を作ったら、もっと他の怪獣はできないか。
たこ焼きを焼いたら、もっとおいしくできないか。
常に、他の選択はないが、考えてみます。
ひとつの答えで、安心してはいけません。

又、親子げんかをすることもあるでしょうが、
なぜそう思うのか、語らせることが、しっかりと自分の意見や
考えを持った「頭のいい子」に育てることにつながっていくでしょう。

そうして豊富な知識と、思考力を身に着けた頭のいい子供は、
ただ勉強が出来るだけでなく、
学校や子供社会の中で、トラブルや問題が起きても、
しっかりと、自分で解決できる能力を持つことができるようになります。
自分の学習してきた知識を生かし、
無数の解決策を見出し、その中で一番適切だと思える解決方法を、
見つける事が出来るはずです。

たとえ、いじめがはびこっても、
しっかりとした自分の考えを持っていれば、
いじめ仲間に入ったり、いじめの対象にはならないはずです。

いまの社会で「生きる力」をしっかり持ってこそ、頭のいい子と言えるのです。

↑ PAGE TOP